イロドリノセカイ

〜sweet moon dropの小部屋☆〜

体が教えてくれること 〜不調からの気付き〜

 

このブログを読んでくださっている皆さまの中で


身体のどこかに不調を感じている方や


もしくは、病気をされたり怪我をしたりしてどこかしらネックになっている部分を抱えていらっしゃる方も少なくはないのでは?と思ったりします。

 

それも現代では何ひとつ病気もなく不調もなくて、体のどこにも何も問題ないという方の方が珍しいからという理由もありますが

 

もともと体が丈夫でなかったり、
敏感だったり繊細な感覚をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

 

そのような身体や症状を抱えている方は健康で元気な方に比べたら
人一倍苦労をされていたり、日常的にもその箇所に気を配ったり、早め早めの対処なり体を労ったりしていらっしゃることと思います。

 

私自身もけして身体が丈夫な方ではないので日常では気を配らなくてはいけないことはたくさんあってこれまで辛い経験もたくさんしました。(これも制限やコントロールをするという考え方ではなくバランスを取るというように捉えるようにしています。これも鍛えられているな〜と思います………。苦笑)

 

そうした私自身の経験もありますが、様々な理由から自身の内面へと意識を向けられる機会も多かったり、普段からご自分の身体と向き合われている方は表面や物質的な面だけではなく深く精神性を探求されている方が多いように感じたりするからです。


まぁ、一病息災とも言われますが実際に辛いものは辛い、ですよね。

 

体が辛いということは、それだけで気分も落ち込んだり
何もやる気が起きなかったり、周りからみたら怠けているなんて思われているんじゃないかと考えてさらに落ち込んだり苛立ったり……。


もし本当に心ないことを言う人がいたら?
そんなことを言う人のことはほっといて大丈夫です。(笑
そういうことを平気で言ってしまえる人にはちゃんと伝えて理解してもらうことも大切ですが、そんな時はあまり考え過ぎず無理をしないでゆっくりと休息をとってくださいね。


私がここでお伝えしたいのは、

もし今あなたが体に不調を感じていたり

実際に不具合や痛みを生じているとしたら、
もしくは現に病気を抱えていらっしゃる場合

 

不調や痛みという“症状”に着目するのではなくなぜそうなったかの原因をみてみてください。

 

例えば不摂生でとか、不注意、食べ過ぎ、飲み過ぎた、夜更かしetc……思い当たることもあると思います。
けれど、けしてその原因を責めるために原因をみてくださいと言っているのではないのですよ。

 

その不調の原因となっている今の生活を振り返ってみてほしいのです。

 

そこから今のあなたが心や身体に対して


負担をかけていたり


無理をしていたり、

あれもやりたい、これもやりたいとじっとしていられなかったり。(私がそう。笑

 

もしくは自分がこうしなければいけないという思い込みやルールから無理にでも動いていたり、あるいは何かのために頑張りすぎていることに気が付いたりするではないのでしょうか?


もしかしたら不調があることに気付いていてもそんなこと言ってられないと
体のことは後回しにしていて

 

自分が無理をすれば何とかなるから、人に怠けているなんて思われたくないから

だから頑張らなきゃと鞭を打ってはいないでしょうか?

 

どうですか?


このように身体の事は二の次だったり…しませんか?
それも長年の習慣、パターンになっているということはありませんか?


無理をして、負担をかけて痛みや不調が出るのは
まずは体の弱いところです。

 

もし痛みが出ているのならまずは対処療法をして
その後で落ち着いたら、ではなぜその痛みや症状が出たのか?

 

ゆっくりとご自身を見つめて見てください。

 

痛みから何が見えてくるでしょう?
その痛みはあなたに何を訴えているでしょう?

 

そうして今自分の身体がどのような状況にあるのかが見えてきたら

今自分にとって何が一番大切なのか?

 

一度良く考えてみてください。

 

例えば生活のために仕事をしているのであっても
お金を稼ぐのも世の中が不安定だから、家族やお子さんや将来のためにと不安から
今もっと頑張っておかなないと、と無理をしてはいないでしょうか?

 

お家のことも頑張りすぎていませんか?
必要以上に自分のこと以外で背負い過ぎたりは、していないでしょうか?

 

けれどこれもすべてはあなたの体があってのもの。 

 

身体が元気に動いて初めて誰かのために心を込めて何かをしてあげられたり、
自分がやりたいと思う事が出来たりする
そうは思いませんか?

 

本当に大切なのはあなた自身の心と体です。

 

物ではありません、安定でもありません。
自分以外の“誰か”でもないのです。


でもそんなこと言ってられないし………。
あれもやらなきゃだし、今やっておかないと後々忙しくなるから……。

 

その気持ちも良く分かります。

私自身がそうでしたから。

 

けれどももう一度よく考えてみてほしいのです。

 

あなたにとって本当に大切なものは何ですか?

 

今あなたは何か無理をしていませんか?

 


まずあなたがそこに気付いて意識を向けてなければ、そして意識を変えなければ
なかなか今のパターンを変えることは難しいと思います。

(厳しいことを言っていたらごめんなさいっ。)

 

身体はちゃんと持ち主である私たちへのメッセージを発しているのです。


身体が辛いということはそれだけで大変なのだということは分かります。


けれど辛いところだけを見ないで、その辛さの奥に隠れている本当のメッセージを
見つけてみてほしいのです。


でも、けして無理はしないで、
あなたの心地良いペースで、
まずはいつもよりたくさん、たくさんあなたの心と身体を労わってあげてくださいね。

それが自分を愛することにも繋がります。

 

体はあなたに大切にしてほしいと願っているのです。


何よりあなたの心と体が求めているのはあなた自身の優しさ、慈しみという“愛”なのですから………。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする