読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イロドリノセカイ sweet moondropの小部屋☆

〜あなたがあなたらしく輝いて生きられますように〜

『 あなたがあなたであればいい 』のです♪

 

大切なのは自分自身なのだと。

自分がどうしたいのか、

自分の内から湧き出てきた想い大切に。

“あなたがあなたであればいい”

ご存在はそのように言われます。


そのままで良いんだよって丸ごと受け止めてもらえること

そのように肯定してもらえること、それってとても幸せなことです。

 

でも、あなたらしさ=“私らしさ”って何??

結局それってどういうことなの??

悲しいかな自分のことは自分が一番分からないものです。

 

けど自分のことが分からなくても

他から認められることは嬉しいことです。

 

自分以外の何かから認められることで自分自身を肯定できたり自信になったり。

価値を見出すことに繋がったり。

他者から認められることで自分の存在を許す。
それも良いと思います。


事実私もそうやって自分自身の存在の定義を確立していた時もありました。
けどそれって他者から否定されたとき、どうなるんでしょう?

 

もし自分の存在の定義を他に託していたらこのような場面に遭遇したとき

一瞬にしてあなたの中で自身に対する価値は崩れ落ち

その存在の意味さえ見失ってしまうことにもなりかねません。

 

相手に悪気がなかったとしてもその何気ないひと言で心は動揺してしまうことでしょう。

それだけではありません。


自分を否定してしまったり、自分は無価値なのだとさえ感じてしまうかもしれません。

 

そうならない為に

本当に大切なのは……何より自分が自分を受け入れて認め、肯定すること

 なのではないでしょうか?

 

けして今の自分を否定しないこと。

それは嫌いだと思っている自分も全部です。

嫌いなところを受け入れろと言ってもいきなりは難しいかもしれませんね。

なのでまずはそこに自分の好き嫌いのジャッジを入れないで

ただあるがままの自分を見つめてください。

それが自分自身を知っていくということです。

 

そうして自分が自分にとっての一番の理解者であり協力者になりましょう。

自分自身を知るということは外側の情報や人の価値観、評価。

自分はこういう人間だという自身の判断や周りから刷り込まれたイメージ、先入観。

名前、性別、年齢、出身地、肩書きetc…。

それらから自分を形造ることなく

そのすべてを一度取り払ってみてください。

 

何が残るでしょうか?


自分の何が見えてくるでしょう?

 

そこから見えてくる姿が本当のあなた、真実の姿だと思いませんか?

 

あなたらしさ。

 

それは1人静かに内省することで見えてくるかもしれませんし、人との関わりから見えてくるものかもしれません。

 

けれどその道のりもそう簡単ではないでということは私も経験から理解しています。
途中、思いっきり落ち込んだり逃げたりしても良いのです。

とことん自分を否定したとしてもそれもプロセスです。

 

それは弱いからではありません、自分に負けるということでもないのです。
過程なのです。


その経験すべてがあなたの強さとなっていきます。

 

それはあなた自身の輝きになります。

 

そう、自分自身を知ることは内なる輝きにも繋がると

そのように言えるのではないでしょうか。

 

あなたがあなたとして輝いて生きられる瞬間。

 

それはあなたがあなたであったらいいのです。