イロドリノセカイ

〜sweet moon dropの小部屋☆〜

『 光求めるもの 』〜neige〜

 🌟neige 〜続き〜

 


これまでも地球という惑星やそこで生きる人間……(魂の転生者達とも言えるけれど。)を見てはいたよ。見ているだけと実際に関わるのとでは果てしない差があり

人を知るということに私自身驚きも、ある。

 

新鮮だ。(笑

 

これまで人と関わることもなかったのだけれど………。ではなぜ今私はRieとこうして繋がっているのか、私のような光存在と繋がることの意味は?そう疑問に思うものもいるだろう。

 

私のような光存在と繋がったとしてもその人間がその意味を探求、理解し、そしてどのようにそのエネルギーを扱い、活用していくのか?その人間の成長の度合いにより扱うことが可能な範囲は大きく異なる。その力を活かすのも無駄にするのもその人間次第ということ。

 

もちろんこちらもその者の成長段階そして心根など、その人間の肉体としての器や資質、能力を見ながら調整してはしているけれど、こちら側から勝手に手を出すようなことはないに等しい。(それはその人間を尊重するという意味でも、成長の妨げになるからとも言えるのだが。)


私達はその者(人間)が望まなければ手出しができないということ。あくまであなた方自身がこちら側に何を問いかけ、訴えかけるのかそれによってこちらも必要に応じて与え動いていくのだ。

 

探究心と向上心をもって。
相互関係を築きながらまるで人と人同士が人間関係を築くように……私達との関係を築いていく。

 

こうしてRieが私と繋がり共同して歩んでいるように一人ひとりが内なる場所に繋がりそしてその先には存在と共に歩んでいくこと、その可能性もゼロではないということと
そのようにあることで人と人とが牽制し合い競い合うのではなく、互いの存在と個性を尊重し調和の中で皆が協力し合う世界、それらが現実となるのも夢ではないと言えるのではないだろうか。。。。

これからの人の生き方も変化してくることは間違いのないことなのだよ。


あなた1人では到底辿り着けないような場所でも
私達と共に歩むのであれば辿り着けるのだと。

 

そうして叡智を受け取りながら人として魂としてさらなる高みへと向かうことができるのだと。

 

そのように言葉にすることができるのだ。

 

その道はけして簡単ではないけれど
それでもあなたが望むのであれば私たちはあなたのその願いにきっと応えるだろう。

ただしこれもあなたが望むのならば、の話だということを踏まえておいてもらいたい。

 

まずは私という存在の光。

この私の光に触れることによりそれが触媒となり今よりさらなる意識の展開が起こるだろう。

 

“光”を求める者には光を与えよう。

 

求めなければ与えられない。

求めなければ何も得られない。

 

ならば求めよ、さらば与えられんとの言葉があるように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする