イロドリノセカイ

〜sweet moon dropの小部屋☆〜

『 傷付いた心に 』 〜 大天使ラファエル〜

私はあなたを癒すことができます。

 私はあなたの心に安らぎを与えることができます。

 

それが私、大天使ラファエルという名を司る存在でもあるのです。

 

けれど…だからと言って

愛する家族を失い、親しい友を失いまた自分自身をも傷付いたあなたに対し
私にできることは何一つとしてありはしないかもしれません。

 

傷付き深い悲しみに沈むあなたに対して
ただ共にいて時が過ぎるのを待つしかないのかもしれません。

 

それでもあなたが私の名前を呼んでくださるのなら

私はあなたのもとへ訪れあなたを優しく包み込み
あなたの傷が癒えるまで私はあなたの傍にいます。

だからどうか私の名前を呼んでください。

「いいえ、他にもラファエルを必要とする人がいるのならその人の処へ行ってください。」

私に対しそのような配慮は必要のないことです。
(私は同時にいつでもどこでも瞬時に現れることができます。)


けれど日常の中で何かが起こったとき、
人は実質的な援助を求めることを私も理解しています。

 

ですから私がこのようにメッセージを伝えたとして
「大天使ラファエル、生きている私達そしてこの現状に対して
肉体を持たないあなたに一体何ができるというのですか?
あなたが私達に何をしてくれるというのですか?
一体誰が私達を救ってくれるのですか!!」
そのように思っていることも仕方のないことだと受け止めています。

 

けれどこんなときだからこそ私の名前を呼んでほしいのです。

 

周りのために気を遣い気丈に振る舞い心の整理もつかないままに
なんとか自らの心と身体を奮い立たせ動いたとしても
受け入れ難いそんな状況下に人は置かれたとき同時に心の救済も必要とするのです。

 

あなたにその自覚がなくても必ず心には傷を負っているものです。

傷付いた心を癒すにはある程度の時間が必要です。

そして人は悲しみを受け入れるまでに時間を必要とします。

そういうものなのです。

 

ですから今あなたが心と身体に深い傷を受け身動きができなくなっていたとしても
それは当然のことなのだと受け止めてほしいのです。

 

そんなあなたに私からの提案です。

 

あなたが夜眠りに就く前に
「大天使ラファエルここにきてください。
そして眠りの中私の心と身体を癒してください。
明日を生きる活力を私に与えてください。
私に明日への希望を与えてください。」

 

心の中でかまいませんから、そのように唱えてみてください。
もちろんこれもあなたが伝えたい言葉で私に伝えてくれてかまいません。
大切なのはあなたが心から願うことです。

 

そうすればあなたのもとへと癒しは届きます。
私のエネルギーはあなたのもとへ届けられます。

そう信じていてください。

大天使ラファエルの名の下に癒しの光は届けられると信じて

あなたが必要な分だけ受け取ってください。

 

〜大天使ラファエル〜

 

f:id:sweetmoondrop:20180623155340j:plain

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村

🍀このメッセージが必要な方のもとへと届きますように。🍀

ありがとうございます✨

広告を非表示にする